s.t.f.PENTAGON

2008年10月06日

10/6

@保有ポジ

10/3の<EUR/GBP>のポジ

⇒リミット幅で利食い
(+21470円)


A新規ポジ

10月6日
8時00分
<GBP/JPY> 売り(5万通貨)185.24
ストップ 186.00

⇒決済
10月6日
21時24分
181.88
(+168000円)

<フィード>
182円後半のリミット設定にするつもりであったが、忘れてしまった。利益が出たから良かったという結果論で終わらずに、きちんとリミット・ストップ設定を行い忘れないこと!
うまくポンドの下落を利食えた^^


B新規ポジ

10月6日
22時55分
<EUR/JPY>売り(7万通貨)139.30
リミット 137.60
ストップ 140.21
・日足、週足は下落支持強し。
・1h足でMACDがシグナルとの乖離を縮め、マイナス圏内でGC迎えそうな中、乖離を広め、下落を始めた事でこちらも下落支持との見解ら・・

⇒決済
10月6日
23時16分
リミット幅で利食い
(+119000円)


C新規ポジ

10月6日
23時28分
<EUR/JPY> 売り(6万通貨)136.09
リミット 134.25
ストップ 137.53




<集計>
10月6日の収益
(+308470円)

<保有ポジ>
C新規ポジ


今日は怒涛の円高の一日だった^^


posted by hiropin at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

1pipsの損益

ドル円、クロス円の場合の1pipsの動きに対する損益の計算は簡単だ・・

1万通貨買えば、1pips動くごとに100円の損益が出る
当然過ぎてごめんなさい。。


でも、円を絡ませない通貨ペアでの1pipsの損益計算が難しい

円を絡ませない通貨ペアでは、今のとこ<EUR/GBP>くらいしかやってないが・・・

このペアをやってて気づいた事を忘れないように記しておく^^

<EUR/GBP>で1万通貨のポジションを持ったときの1pipsの計算方法は
1ポンド=○○円の○○円分の損益となっている

つまり、
現在、1ポンド=185円かつ1ユーロ=0.7871ポンドの時に1万通貨の買いポジションを持ったとする。
すると、1ユーロ=0.7875ポンドに動いた際(1ポンド=185円はそのまま)は、+4pips獲得した事になるが・・

この損益は
185×4=740円となる

これが、1万通貨ではなく、5万通貨の買いであれば、
180×4×5=3700円となる


つまり、現在の<GBP/JPY>のレートがそのまま損益の計算に使われるのだ。


他の通貨ではこの計算でいけるか分からないが、この計算で損益がすぐ分かれば
トレードはしやすい

この「必須知識」というカテゴリーは自分が気づいた事を忘れないために、記事に残しておくものです


超初心者的な記事でした^^


posted by hiropin at 23:11| Comment(0) | 必須知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/3

・新規ポジ

22時20分
<EUR/GBP> 売り(5万通貨)0.7790
リミット 0.7767
ストップ 0.7839

posted by hiropin at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<EUR/GBP>

続いて、<EUR/GBP>

<月足>

2007/8から続く上昇トレンド(ユーロ高ポンド安)も、2008/4〜から
0.81を超えられずの展開

先月(2008/9)に0.81の壁を破り、0.8186の高値をつけるも、そこから下落
0.7793〜0.8186あたりのボックスあたりの相場が続く
MACDは、現在高値付近で上昇が止まり、シグナルとの乖離も縮小中^^
両者がDCを迎えるようであれば、トレンド転換か?
0.7793の値を割り、更なる下落を続けている
MACDもこれまでの上昇から、勢いがとまり、シグナルとの乖離も縮まりつつある
DCを迎えるようなら、下落の可能性がいっそう高まるか?


<週足>

月足での把握と同様である・・・

しかし、週足で見ると、2008/9/7(第2週)から一目の雲に割り込んでいる

2008/8/3(第1週)に雲が割り込んだ際は、サポートとして反発したが・・・
(MACDはそれまで下落中であったが、上昇に転じ、その間はシグナルとの乖離を縮めた)

今回は、MACDの動きに関しては、下落に転じ、再度シグナルとの乖離を広めようかに見える
そのため、前回より雲の内部に割り込んでいる
遅行線もローソク足を割り込み、下落要素の材料が多いことから下落優勢か?



<日足>

0.8186のここしばらくでの最高値をつけたのが2008/9/3

そこから下落に転じ、2008/9/19に安値0.7847をつけた後、いったんの戻り目により
2008/9/29に0.8018の高値までつける。

フィボ50%まで戻したことになるが、上に伸びたヒゲがこの高値をつける格好となっており、
トレンド転換とまだまだ言えないとこ

その後、MACDは、マイナス圏内で下落に転じており、シグナルとの乖離も広めそうな様子
で2008/5/2につけた安値0.7765を割る。
10/6の0.7701を最安値にして、反発し、10/10に0.8068の高値をつけ、大きな戻しも
大きな上髭で結果的には陰線での下落&MACDの下落支持から、下落トレンド継続か?

今は10/21につけた安値付近でのダブルトップからの盛り返しとなっているが、下落トレンドライン
に沿うかどうかにまずは着目したい
posted by hiropin at 22:12| Comment(0) | トレンド分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<EUR/JPY>

続いて、<EUR/JPY>のトレンド把握^^

比較的、<GBP/JPY>と動きが似ているとこ



続いて、<EUR/JPY>のトレンド把握^^

比較的、<GBP/JPY>と動きが似ているとこ



<月足>

これまで長らく一本調子で上昇トレンドを築いてきていたが・・

2007/07あたりから170円の壁に跳ね返されて、何度もトライしてきた状況。
150円〜170円あたりのボックス圏を描く状況。

4度目のトライも突破できず、ついに先月に一目の雲を割り込む模様に。
(これまでの雲は強いサポートとなっていたが^^)


そして、今月になり、雲の下にはじき出される格好となり、150円をついに割り込む。

MACDもプラス圏内で傾きを上げて下落にしており、シグナルとの乖離も広まるばかり。

更なる下落で2003/5〜2006/4までレジスタンスとなっていた141円前半をあっさり更新し、
2004/5〜2004/8あたりでサポートなっていた131円ここを割ると、
その前の安値128円台の下落まであるだろう
いずれにせよ、しばらく下落相場が続くと見られる。



<週足>

基本的な把握は、月足とは変わらず・・

ただ、MACDの下落がマイナス圏内に勢いよく突入し、シグナルとの乖離も拡大中。


<日足>

2003/7/23につけた169.96のMAXの高値から何度ももみ合った後、下落へ

いったん、2008/9/16に147.01円まで値を落としたが、その後の戻り目で
156.83円へ。

フィボ43%とポンドでの戻り目水準とほぼ同じで、まだ下落が続くと見られる。

その後、前回の安値147.01を更新し、更なる下落中。

どこで戻りに転じるかであるが、マイナス圏内とはいえ、一昨日〜昨日(2008/10/2)
にMACDとシグナルのDCを迎えたばかりもあり、しばらくは下落が続く模様か?

その後、更なる下落を続け、10/10に最安値132.21円をつける
戻り目で141.71円までつけるも下落前の高値156.32円からでは
フィボ39%とポンドに比べ弱い・・
しかし、MACDはGCを迎え、安値132円前半でのダブルトップへ・・
どちらに転ぶかはまだ様子見だが、140.21円の前回の高値をブレイクするか
そこで動きが分かりそうだ・・
posted by hiropin at 19:04| Comment(0) | トレンド分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウィンスクエアクラブ H.P.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。